マティーニ マリリンモンロージェームズボンド ウォッカマティーニ | Epokal

menu

BLUE 冷静

裸の王様マティーニ
マリリン・モンローに
教わる意思とプライド

正統派の守る理由とそれらを崩す理由
世界に乱立したレシピに意思とプライド
というクリエーションは存在するのか?

3minutes

裸の王様マティーニ
マリリン・モンローに
教わる意思とプライド

正統派の守る理由とそれらを崩す理由
世界に乱立したレシピに意思とプライド
というクリエーションは存在するのか?

3minutes

READ LATER

意思とプライドが作る
本当のマティーニとは?

正しいが全てなのか?
300種類以上のレシピから
クリエーションは存在するのか?

カクテルの王様マティーニには、様々なストーリーがある。
現在では300種類以上に及ぶレシピが存在すると言われている王様は、
なぜ、それほどまでに語り継がれていくのだろうか?

 

ht-matini1

ht-matini1

pinterestL) M) R)

 

お酒が好きでない人も1度は聞いたことがあるかもしれないマティーニは、
007のジェームス・ボンドのウォッカ・マティーニが有名だと思う。
第1作では、ジャマイカのキングストンでウォッカ・マティーニをルームサービスさせる。
それから、ウォッカ・マティーニはジェームズ・ボンドの象徴ともなっていく。
しかも、「Shaken not stirred」がジェームズ・ボンドスタイルなのも有名な話である。
ちなみに300種類以上あるマティーニの正式なレシピは(何が正式というか難しいところだが)
ステアが基本である。

 

ht-matini2

ht-matini2

pinterest L) R)

 

私自身はマティーニを頼むことすら少し恥ずかしい気持ちになるのだが、
本当にたまに飲みたくなる。食前酒なのであまり機会も少ないのだが、
個人的にはエクストラ・ドライ・マティーニが好きである。

数年前に都内行きつけのBarでオーダーしたところ312番手のレシピといって忘れられないマティーニが出てきた。
氷にベルモットを入れ丹念にステアをし、氷にベルモットをまとわせたら、そのベルモットをグラスへ注ぎ捨てる。
そのリンススタイルも独特の仕草が印象的だった。まるでグラスに何かを仕掛けているような素振りである。
その後、ベルモットのベールに包まれた氷にジンを入れ、
氷・ベルモット・ジンと様々な国で作られた者同士を仲良くさせるために魔法をかけてステアする。
オリーブはイタリア産の黒オリーブと一緒に、綺麗な透明のマティーニに黒オリーブが
「意思のある異物」のように存在感を醸し出していた。ひんやりとしたコンクリートのカウンターに出てきた
エクストラ・ドライ・マティーニは今だに忘れられない味であり、本当にシンプルが故の奥ゆかさを感じた。

 

ht-matini3

ht-matini3

pinterest L) R)

シンプルであるが故に、様々な情報と素材に姿と名前を変え300種類以上存在してしまったのには、
以前REDの記事にも紹介したパリコレデビューをしたAnrealageに近いものを感じてしまう。
奇をてらうことに理由がなく犯されていくファッションとマティーニには心地さの欠片もなく堪え難いものがある。
そこには有名さ故の名前に乗っかる変化と増殖を感じてしまうのだが、変化することは決して嫌いではない。
では、マティーニもファッションもどのように変化すれば良いのかという答えをモンローが教えてくれる。

 

ht-matini4

ht-matini4

pinterest L) R)

 

「七年目の浮気」というマリリン・モンローの映画で、マティーニを注文したモンローが、
辛かったためにバーテンダーに砂糖を入れるようにお願いするシーンがある。
そして、モンローは「私の故郷では、マティーニに砂糖を入れるのが普通」と言い放つ。
「辛さ=マティーニ」という信条が、モンローという存在がプライドという信条に、
また1つのレシピをクリエーションしてしまったのだ。
ジェームズ・ボンドのウォッカ・マティーニにも同様である。
ルール、正規、模範、など生まれた理由も分からぬ存在にどこに敬意を示せば良いのだろう!?

決められたことを守るという退屈な右翼は、現状を変えようと奇をてらう平凡な左翼と変わらず、
根源的で自然発生する「意思」が「プライド」と変わった時に、
本当の意味でのレシピやクリエーションは生まれるのだと思う。

そう考えると、庶民から突然王様になってしまったマティーニは、
周りが勝手に盛り上がっていく中で、裸の王様になってしまったのではないだろうか。
そんな可哀想なマティーニに想いを馳せまがら、
私の一番大好きなエスプレッソマティーニを飲みMACANUDOをふかす。

 

 

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。