STAR WARSとファッションの融合 | Epokal

menu

BLUE 冷静

SF超大作『STAR WARS』
とファッションの融合で
二次元が三次元を超える

ファッションにおいて常に三次元が二次元に優越する
とは限らない。具現化しないファッションがあっても
いいのではないだろうかと感じるイラストレーション

4minutes

SF超大作『STAR WARS』
とファッションの融合で
二次元が三次元を超える

ファッションにおいて常に三次元が二次元に優越する
とは限らない。具現化しないファッションがあっても
いいのではないだろうかと感じるイラストレーション

4minutes

READ LATER

SF超大作『STAR WARS』
とファッションの融合で
二次元が三次元を超える

常に三次元が二次元に優越するとは
限らない。具現化しないファッション
があってもいいのではないだろうか?

好きな映画を問われて、ハリウッドの超大作を挙げることに少しためらいがあるが、
個人的にこの映画は例外だ。

今年の11月に、続編の公開が予定されているこの映画を初めて見たとき、ハリウッド
でなければ実現しえないスケールとキャラクターデザイン・衣装デザインなど
その全てにおいてSF好きの僕を満足させたくれた。

スペース・オペラをコンセプトとしてジョージ・ルーカス総指揮の基に制作された
『スター・ウォーズ』は未だに私の胸を高鳴らせる。

これには共感して頂ける方も多いのではないだろうか?

ジョージ・ルーカスはスター・ウォーズの制作にあたり、最も影響を受けた人物の
一人であると語るのは、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』であり、ストーリーの影響を
受けていると言われていたり、ダース・ベイダーのデザインには日本の鎧兜とドイツ軍の
ヘルメットにインスパイアされていたり、アミダラ女王の服装や化粧などには芸者の風貌も
取り入れ、ジェダイ達の服装にも着物の影響が見られるなど、日本を含めたアジアの文化から
多大な影響を受けている。

そして、あらゆるものがミックスされているにもかかわらず、違和感がないことにも驚きを隠せない。

最新作では、劇中に登場するライト・セーバーのデザインに、アップルのデザイン責任者である
ジョナサン・アイブがJ・J エイブラムスにアドヴァイスをしたなどといったことも言われており、
公開に向けて周囲が騒がしくなっているスター・ウォーズだが、2015ssのランウェイにも影響を
見せた。

以前からしばしば登場するニューヨークを拠点にするレディースファッションブランドのRodarteは
ドレスに大胆なスター・ウォーズのプリントをあしらい、そのシュールさは見る者の度肝を抜いた。

 

starwars

starwars

http://cdn.hitfix.com/

 

Rodarteの手にかかれば、こんなドレスもありだと思ってしまうのはさすがである。

 

starwars

starwars

L) http://cdn.papermag.com/ R) http://cdn.papermag.com/
starwars

starwars

L) http://cdn.papermag.com/ R) http://cdn.papermag.com/
starwars

starwars

L) http://cdn.papermag.com/ R) http://cdn.papermag.com/

 

また、ロンドンを拠点とするPreenは“あのお方”をフロントにプリントしたシャツやワンピースを発表し、
同じく話題となった。

 

starwars

starwars

http://www.geekbecois.com/
starwars

starwars

 http://pagesdigital.pagesdigital.netdna-cdn.com/

 

どちらも非常に大胆にスター・ウォーズを取り入れている。

少し前には、Comme des garcon shirtがスター・ウォーズをテーマとしたコレクションを発表しているなど、
度々モチーフとしてランウェイに登場するスター・ウォーズを一風変わった形でファッションと融合させて
いるのが、アーティストのJohn Wooだ。
彼はスター・ウォーズの登場人物にファッションブランドの服を着せたイラストレーションを描いている。

登場するブランドは、Supreme、Comme des Garcons、Thom Browne、Maison Martin Margiela、
Gareth Pugh、Band of Outsaiders、Viktor&Rolfなどで、キャラクターにあったブランドをセレクトし、
ブランドのエッセンスが色濃く反映されているルックを選んでいるあたりもにくい。

 

starwars

starwars

L) http://www.hypebeast.com/ R) http://www.hypebeast.com/
starwars

starwars

L) http://www.hypebeast.com/ R) http://www.hypebeast.com/
starwars

starwars

L) http://www.hypebeast.com/ R) http://www.hypebeast.com/
starwars

starwars

L) http://www.hypebeast.com/ R) http://www.highsnobiety.com/
starwars

starwars

 http://i.kinja-img.com/gawker-media/

 

これらは、もちろん絵であり具現化されているわけではないが、むしろ絵の中で完結していることが
ファッションとして面白いのではないだろうか。

実現させてしまったら興ざめだ。

ファッションという表現が必ずしも服である必要はないし、たとえ絵だけであってもやり方次第では、
服よりもファッションを感じるという逆説的なこともあり得るのが面白いのではないだろうか?

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。