Aitor Throup Umbro football | Epokal

menu

BLUE 冷静

カルチャーとしての
footballとfashion
の融合-Part2-

カルチャーとしてのフットボールとファッションの融合
ユニフォームに込められた
自国文化への敬意

4minutes

カルチャーとしての
footballとfashion
の融合-Part2-

カルチャーとしてのフットボールとファッションの融合
ユニフォームに込められた
自国文化への敬意

4minutes

READ LATER

カルチャーとしてのfootballと
fashionの融合-Part2-

カルチャーとしてのフットボールとファッションの融合
ユニフォームに込められた自国文化への敬意

各論①とUmbroとPeter Savilleのコラボレーションについてはいかがでしたでしょうか。
今回も引き続き、アンブロにおけるイングランド代表ユニフォームの再構築の事例を
ご紹介しようと思います。
今回のコラボレーションの相手は、Aitor Throupです。

 

各論②08

各論②08

http://4.bp.blogspot.com

 

前回のPeter Savilleとのコラボレーションではグラフィックをメインにして新しいユニフォーム像を
提示したこのコラボレーションですが、今回のAitor Throupとのコラボレーションでは
構造・パターンをメインとして、フットボールユニフォームの再構築を図っている。
Aitor Throupは、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身で、幼い頃イングランドに移住。
Royal College of Artを卒業したイングランドの若手デザイナーで、卒業コレクションで
Disel主催の世界的ファッションコンペティションであるIts#3において最優秀賞などを獲得しています。

 

yt各論②008-02

L) http://1.bp.blogspot.com R) http://2.bp.blogspot.com

 

独特のパターンメイキングとサヴィルロウの伝統的なテーラリングをベースとした
独創的な衣服をデザインしているAitor Throupは、Umbroとのコラボレーションにおいても
フットボール選手の特徴的な運動を分析し、パターンメイキングを通して機能とデザインを
融合させることに成功しています。
Umbroのブランドコンセプトである「football tailoring」をベースとして、アーカイブを調査・研究し、
Aitor Throup独自のパターンメイキングとサビルロウのテーラリングを加えることで
モダンにアップデートされたイングランド代表のユニフォームは一見の価値があります。

 

 

各論②

各論②

http://2.bp.blogspot.com

 

yt各論②008-03

http://aitorthroup.com

 

yt各論②008-04

 http://aitorthroup.com

 

yt各論②008-06

 http://aitorthroup.com

 

yt各論②008-07

http://aitorthroup.com

 

このような有意義なコラボレーションを見ると、Peter SavilleやAitor Throupといったその国のカルチャーを
踏襲した新たなクリエーションにはコマーシャルやマーケティングといったビジネス的な判断を超越する力があり、
そういったことに私たちは魅了されるということを想起させるのである。
ファッションはそれ自体が一つの文化であり、他の様々な文化と影響しあうことで進化を続けてきた。
少なくとも私たちEpokalは、そのようなことを踏まえファッションというカルチャーを創造していきたいと考えている。

 

総論へ

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。