twit btn

トムとフリーダの子供
時代の狭間の反逆心

強烈な2人のDNAを持ち
優しく気遣うグッチの反逆者

優しく始まったデビューコレクションにしっかりとコンテンポラリーという反逆心を残し強烈な2人のDNAに中指を立てた

twit btn

特にグッチに興味があったわけではなく、今回のフリーダ・ジャンニーニの交代劇にも
特に興味を持たなかったのだが、新クリエイティブディレクターに就任した
アレッサンドロ・ミケーレが残した言葉が気になった。

「コンテンポラリーは反時代的である」

この言葉はフランスの哲学者ロラン・バルトの言葉である。彼の言葉を引用したアレッサンドロ・ミケーレに
強烈な興味を抱くしかなかった。なぜなら、ロランは作者の死を頻繁に論議した人間であり、
それは、何か過去のグッチを優しくフラットに導くメッセージにも感じた。

 

ht-gucci1

ht-gucci1

pinteres

 

トムフォードがグッチウーマンを築いてからもう何年が経つだろう。
強烈なインパクトを世に残し、グッチは復活した。
その後は、フリーダ・ジャンニーニのグッチが続いたが、
トムフォードの後任とあって、どれだけのプレッシャーがあったのだろうか、
結果はすんなり彼女が持ち合わせるセンスが逆に時代に合った新生をグッチ打ち出した。

 

ht-gucci2

ht-gucci2

pinteres L) R) 

 

そして、今回フリーダ・ジャンニーニの後任がアレッサンドロ・ミケーレだ。
トムフォードの時代からデザインチームにいた彼は、その後はレザーグッズのデザインディレクターから
今回、フリーダ・ジャンニーニに次ぐ、アソシエイト・クリエイティブディレクターに就任した。
生粋のイタリア仕込みのアレッサンドロ・ミケーレは、ローマのファッションアカデミーを卒業後、
フェンディのシニア・アクセサリーデザイナーとして経験を積んでおり、その時期にトムフォードに見出された。

 

ht-gucci3

ht-gucci3

pinteres

 

そんなイタリア感性とトムフォードとフリーダ・ジャンニーニの黄金のグッチイズムを間近で感じていた
彼の未来のグッチ像が興味深かった。注目のFWウィメンズコレクションで冒頭のメッセージを残し、
今後のグッチに期待と興味を与えた。

「The Contemporary is the Untimely」 – Roland Barthes  コンテンポラリーは反時代的である

コレクションの内容も、どこか大人しさと落ち着きを保ち、歴代2人の元上司に敬意を払いながら、
優しく中指を立てたコレクションに見えた。

 

ht-gucci4

ht-gucci4

pinteres
ht-gucci5

ht-gucci5

pinteres L) R)  
ht-gucci6

ht-gucci6

pinteres L) R)  

 

トムフォードの時代の強烈なインパクトと強さにフリーダ・ジャンニーニのフェミニンなムードの先に、
中世的でバランスの取れた、どこか不気味さも感じさせるジェンダーレスな印象だった。
アレッサンドロ・ミケーレ自身も同様な雰囲気を醸し出してるのは納得がいくのだが、
このトムフォードとフリーダ・ジャンニーニの間に産まれた子供アレッサンドロ・ミケーレの
不気味なコンテンポラリー新時代をどこか見届けたくなったのは間違いない。

 

ミラノは世代交代が相次ぐ中で、先輩に敬意を払いながら平和に中指を立てれるデザイナーが
最後には生き残る時代なのかとも不意に感じながら、
時代と共に反逆心の表現も変わりつつあると考察し、
優しく中指を立てようと思う。