twit btn

意思・思想・信条の人格的サイズ
核心を支えるパーソナルな体験とは

その内証の分の進みぐあいで私たちに訪れることになろう。
この時、私たちは破裂して、その裂け目からなまの肉が現れることになる。

その内証の分の進みぐあいで私たちに訪れることになろう。この時、私たちは破裂して、その裂け目からなまの肉が現れることになる。

twit btn

日々、かわることをかわらない。

たとえ、同じファッションで毎日を過ごそうとも、意想をもたせた真実は回帰して、
その内証の分の進みぐあいで私たちに訪れることになろう。
この時、私たちは破裂して、その裂け目からなまの肉が現れることになる。

 

わたしの目は鳥の高度を得て、わたし自身を見つめることになる。
優越されるファッションの本質とはこれである。パーソナル。
さて、次はある程度のフィックス。

 

「衣服を選択する話」

 

私の学生時代だった90年代にくらべて、今日のファッションは本当にきれいに並んでいると思います。
人々が清潔感のあるいろいろなトーンのスタイリングで行き交うのを見ていると、
ファッションを好きに選んで着られるというハピネスを感じるのです。

 

ただし、これはクローンのはなし

 

ほんとうに惹きつけられるのは、あたり前の日常から超えたところにある生の存在・動きです。
わたしたちの本質を具象化させる最もやさしい方法はファッションであって、
簡潔に体現出来る最もつよいライフスタイルです。
この意味では正当なファッションのベクトルとは赴きはちがうのかもしれません。

 

つまり、優れたパーソナルのはなし

 

フィーリングと人格。今日1日の気分を全うに伴ったスタイリングを感じるということは、
ハイブランドモードにしても、ストリートマインド、カジュアル、ヴィンテージに、何を選ぶにしても、
一新した自分のフィーリングに合致したものでなければ1日が台なしになるということです。
どんなに絶望した日々のなかでも、夜ベッドに入る時にはすばらしい明日を夢見ます。
私はさらりと新しい朝とわたしを受け入れるのです。

 

実現性の冒険

実現性の冒険

http://www.morlinghaus.com

 

「あたらしい夜明け」

 

1939年よりアメリカニューヨークで開催された万国博覧会〈明日の世界〉において
ゼネラル・モーターズ(GM)が出展したジオラマ展示、
それこそが20年後の未来のアメリカを見せるfuturamaでした。
GM社のパビリオンhighways and horizons exhitでは、超高層建築の立ち並ぶ都市部と、
郊外型の住宅地とを結ぶネットワークとしてオートメーション化された
高速道路が都市の未来像としてビジョン化されました。
現実の可能性としての未来への予感は単なる希望というだけでなく、
futuramaでの研究成果発表には、1960年に実際にシステム化された
オートメイテッド・ハイウェイのプロトタイプが含まれていることから、
居住空間の自動化イメージの可視化は大きな憧れと同時に手に取るような明日の姿であったことでしょう。
また、大陸、国と国とを結ぶ超クロスカントリー構想など、
GMとしてのインダストリアル面での視点から受け取れるもの1つ1つにしても、
未来を現実の距離を保って構築した優れた実現可能オプションであったことが容易に理解できます。
しかしこの後、ベトナム戦争や若い世代のカウンターカルチャーの発現など
社会情勢に揺れるアメリカは次第に夢や希望に沈んでいってしまうのです。
そのためにこれは人々が夢や理想を未来へ謳う最後の博覧会であったとされているのです。

 

「人格とサイズのはなし」

 

モノを買うこととサイジング。とても難しく、そしてやさしいステップではないでしょうか。
ここでの私たちの到達点は人格とフィーリングとの止揚です。
それも、行為するといったファッションを任意の点として軽々と乗り越えることが必要とされます。
核心を支える優れたわたしのパーソナルを知る。
このことを体幹として、意思・思想・信条を体格に繋げて人格的サイズが生まれます。

 

誰かの一度着たスタイル、映像に繰り返されるハイファッション、過重にすぎた○○価値。
ここから見たなら、なんというストレートなクローン。

 

子どもたちが波のざわめきを聞くように、星の高さを測るように、
これらの視覚的に見る/見られる、捉え方とは直接的な体験なのです。

 

「未来フューチュラマ」

 

あたまを使わずにぶくぶくと育ったクローンたちは、もはや生命を維持し続けるだけの手足となり果ててしまいました。
利益性や軽易さ最大有効能率を追求したフューチュラマでは、
ヒューマニズムに基づいた意識を保つということが彼らにとって不可欠な養分だということに気づくものも大勢いましたが、
繰りゆく日数のうち次第に、誰からともなく成長効率のために目を閉じるようになりました。
とうとう頭脳をシステムにまかせっきりにしてしまうのです。
身体は能動することのエナジーを消費するよりも、
自家システムを放棄してメインサーバに癒着することでより完全な胎動を見いだすことを結論づけました。
優れた頭脳と構築されつくした社会で最も卑下されるのは、eraと呼ばれる壊れやすくもろい人格をもつ集団でした。
フーチュラマのなかでもしも笑うという機能が残されたとしたら、嗤われるはeraの人々なのです。
とは言え、同じ空間に生きるeraはどうして一足落ちこぼれた存在とされてしまったのでしょう。
能率を求めて邁進する社会では、わかり易く、目標までが直線の時間です。
そのために集団と個とを離隔してその能力値をすばやく抽出することは
一構成物として非常に十分なファクターとなります。
意識は遠のくあまり、恣意は不要なものとして処理されるのです。
彼らは、何度もなんども同じ場所にエラーを重ねる、そんな者たちをeraと呼び、
巡回者としての生活を強要するのでした。
era 彼らのつまずく点とは一体何なのか、今となって探ることは宇宙の鉢植えをひっくり返すように簡単です。
ですが、彼らには彼ら最高のシステムを持ってしても享受不可能な真性があるのでした。
これがフューチュラマの人類的郷愁となるのです。

 

「いってみればこれは環」

 

ある夕暮れ、フューチュラマのとある10名の官僚連中が、さらに高位の頭脳から或ることばを仰せつかいました。
君たちのなかに1人、過ぎ去った昨日という時間を保持している非常に危険な因子が潜んでいるので、このエラーを取り除くこと。
さもなければ全体性の中に死刑囚を生むことになり、社会のオーダーに埋没することになると。
新しいフューチュラマの社会になってすぐの出来事で、初期のシステムにエラーは多く、
その都度人々は非効率さに不安になるのでした。
さあ、あわてた彼らは一晩中をかけて或る一人を探し出そうと躍起になりました。
しかし、そうそうには1を演算するには至りません。
なぜなら、昨日のことを大切にしまってある者など、実のところ全員がそうなのです。
ロストを悪徳とするフューチュラマで、過ぎ去った行程に真実性はありえません。
深淵は単なるブランクでしかなく、誰もが静かな口を演じているだけなのです。
優れた頭脳を持つ彼らは、はじめっからの命題がずれていることに気づいているのでした。
そこで考えついたのが、寓意の死刑囚を差し出すという案です。真っ白い顔をして平然と答弁を作りあげたのです。
彼ら10人のなかでも特に優秀な2人のことが、他の官僚には常に目上にありました。
彼が在っては全体の共有レベルが不安定であることがことさらに露見してしまうことを理由に、
疏外することを思い立ったのです。
相対の許容以上のアビリティーを持つこともネガティブポジションに陥ってしまうのですが、
2人の内でも最も優越された当の本人は一切の任意を一手に受け止めるのでした。
これは、彼が時間軸の概念を回帰のうちに真正さを取り戻すことを知覚していたためだと考えられますが、
このことを昇華できるものは1人としてありません。
その証明に、2人の内のもう一人でさえ、最高頭脳の2元目であってさえ、この策謀を承服出来ずに何日もが経ってしまいました。
この2人がフューチュラマで一番初めのeraとなったのです。

 

さて、処刑の日が近づいてきた頃、どちらから先に受難を授かるというのか、
例の8人は小躍りする気持ちで酒や食物や男を女を大盤振る舞いです。
期限は真夜中の黒が最も落ち込む闇に包まれた時と決まりました。
それまでは普段、無口なものまでもが増幅された面持ちで大騒ぎです。
誰も彼もが中枢にブレを覚え始めるといった具合に、いよいよの暗黒がまとわりついてきました。
8人が固唾を飲んで見守るなか、最上位の頭脳から2人に改めての告示が発せられました。
その時、ある1人は頷く隙間すら見せずに颯爽と漆黒となりました。
最後まで白目を向いて拒絶していたある者も、こうもあっさりと納められてしまうと
宵の口からの無感覚状態も手伝って、終には後を追ってしまったのです。

 

こうして、フューチュラマという世界に朝が訪れようとしています。
先に黒く消えていった頭脳はこの朝、世界を照らす太陽となりました。
そしてもう1つの方は、少しためらってしまったために夜を照らす月となったのです。
いずれも、超自然の真性へ近づいたということなのでしょうか?
これはどこにも答えのないものなのでしょうか

 

この時、世界の逆転が始まりました。フューチュラマという全体性のなかから落ちこぼれたeraという集団は、
水平線から沈む太陽のごとく、世界の裏側へおどりだしたのです。

 

「再び7日間の冒険のはなし」

 

日々はかわることをかわらない
たとえ、太陽が同じ海に沈んでも、意思の通りに朝をさがしだします
交叉した意識の中から共通するものを探しだすのでしょう
この時、わたしたちはなまの存在として優越されるのです