twit btn

モードとの突然の遭遇 人生を大きく
変えた その出会いとは

人生におけるモードとの出会いは世界を大きく変えた
あなたの人生には幸福なファッションとの出会いはあるか

人生におけるモードとの出会いが世界を大きく変えたあなたの人生には幸福なファッションとの出会いはあるか

twit btn

ファッションアディクトなら誰でも忘れられないファッションとの出会いがあり、
それが今でも心に残っているのではないだろうか?
かくいう私にも、もちろんそのような出会いはあった。
片田舎の中学生だった私は、その日も真新しい自分の部屋で
ベッドに横になり、ファッション雑誌のページをめくっていた。
今にすれば、カタログの様な体裁の雑誌であり面白味も感じないだろうが、
当時の私には十分過ぎるくらいに輝いて見えた。
月に一度、発売されたばかりの最新号を食い入るように読み、次のページをめくった瞬間に
私は「彼」のクリエーションに出会った。いや、出会ってしまった。
その時、実物を見たことも、ましてや着たこともなかった「彼」の特集記事に心を奪われ、
これらの服は自分のために作られているのではないかと錯覚した。
いや、そう思いたかった。

 

rafsimons

rafsimons

 http://1.bp.blogspot.com

 

ytrafsimons001

http://1.bp.blogspot.com

 

当時私が音楽を通じて興味を持ち始めていたUKのユースカルチャーをベースとして
創造される「彼」のクリエーションに魅了された私は、それ以来夢中で「彼」を追いかけていた。
そして、それは現在に至るまで変わっていない。
「彼」はベルギーのLimburgにあるNeerpeltという小さな町に生まれた。
本人曰く、Neerpeltは文化と呼ばれるものからは完全に隔絶された小さな田舎町で、
周囲にあるものが自分の興味の対象とは異なっていたため、TVばかり見て育った。
その結果として、MTVと音楽が後の彼に大きな影響を及ぼすことになるであった。
後にこのことを知った私は、同じような田舎の環境で育ち都会への憧れを募らせていた
自分と「彼」をだぶらせ、思春期特有のナルシシズムを満足させていた。
何も無い町に生まれ育った「彼」にとっては、音楽だけが現実から逃避することができる
唯一の手段であったため、すぐに音楽に夢中になっていった。
彼はカトリック・スクールに通い抑圧される一方で、Joy DivisionやNew Orderといった
いわゆる”New Wave”へ傾倒し、初期のManicsやSuedeにSmashing Pumpkins、
そして、Sonic YouthやKraftwerkといったアーティストに開放を求めた。
当時の私も、彼と同様に音楽に興味を持ち始め、「彼」が影響されたというアーティストの楽曲を
聴くとともに、興味は彼らのファッションにも向き始めていた。
ファッションの世界においてかの有名なAntwerp Sixが現れるまでのベルギーといえば
ファッションに関するものは何も無く、チョコレートとダイヤモンドが有名なくらいだった。
そうした環境も影響し、地元のカトリック・スクールを卒業すると彼はインダストリアル・
デザインの道を歩み始める。

 

ytrafsimons1

ytrafsimons1

http://www.visitflanders.co.uk
 

「彼」はインダストリアルデザインスクールで、家具を中心に様々なプロダクトデザインを行った。
その間にAntwerp Sixが彗星のごとく出現し、彼は次第にファッションに魅了されていく。
Martin MargielaやHelmut Langに耽溺した彼は、それらのブランドの服を買う余裕が無かったため
フリーマーケットで材料を買い、彼らのデザインを模倣した自分が着るための服をつくり始めた。

 

ytrafsimon②

L) http://media-cache-ec0.pinimg.com  R)http://cdn0.hbimg.cn

 

また、当時のAntwerpにはRoyal Academy of Fine ArtsのディレクターであったLinda Loppaによる
“Loppa”と呼ばれるショップがあり、そこでHelmut LangやDolce & GabbanaにJean Paul Gaultierといった
ブランドが取り扱われていた。
「彼」はこのショップを通じて後にLinda Loppaという人物と知り合う。

 

ytrafsimons③

http://cdn.businessoffashion.com

 

そして、この出会いがその後を大きく変えることとなっていく。
そう、「彼」の名はRaf Simon。
Raf Simonsというデザイナーの創り出した世界は私のその後に大きな影響を与えたのである。
Vol.2へ続く。