Hussein Chalayan フセインチャラヤン | Epokal

menu

RED 感情

人生を変えた
コレクション
Hussein Chalayan

哲学というファッションは行為という表現。
思想を形にするシンプルで複雑な構築に、
人を感動させるヒントを探る。

10minutes

人生を変えた
コレクション
Hussein Chalayan

哲学というファッションは行為という表現。
思想を形にするシンプルで複雑な構築に、
人を感動させるヒントを探る。

10minutes

READ LATER

全てを無に感じた瞬間
Hussein Chalayanと人生の接点

哲学というファッションは行為という表現。思想を形にするシンプルで複雑な構築に、
人を感動させるヒントを探る。

突然ですが、皆さん人生を変えた出会いはありますか?
私にとっては、15年前の夏だったと記憶している。
当時、大内順子さんがバリバリだったころの、月曜22時からのファッション通信。

2000年AWのHussein Chalayanのafter wordsのコレクションだ。

 

 

見終わった後に、なぜか涙したのを覚えている。
当時福岡県では有名な進学校に入って、
宗教的な教育の数々に嫌気がさして辞めようかと考えてた時だったかもしれない。
次の日に高校を辞めたのを覚えている。
そして、私の人生はこのコレクションをきっかけに煙の中に全てを委ねたのかもしれない。

 

Hussein01

Hussein01

http://collectiftextile.com

 

チャラヤンは、キプロス出身で宗教的な内戦や家族の離婚など当時の記憶の影が
コレクションにダイレクトに反映されていることが多い。
彼の哲学や思想を服として表現し、アイデンティティを確立したデザイナーかもしれない。
私は、彼がセントマーチンズにいるころから好きで、
入学理由も肉の切り身のプリントで作品を作ったことが認められ、
ある意味ではレディーガガより未来を読んでいたのかもしれない笑
学生時代の作品もジャーニーしてみよう。

 

Hussein02

Hussein02

L) http://storage.kanshin.com R) http://cultureofdesign.wordpress.com

 

逸脱する流れ(the tangent flows)

鉄くずに覆われたシルクのドレスを数ヶ月間、土の中に埋め腐敗を研究した卒業作品。
この作品がきっかけで、当時のデザイナー登竜門でもあるブラウンズのショーウィンドウに
飾られロンドンコレクションデビューをしたと記憶している。

 

その後、セイ・ニューヨークのデザイナーになるも、
2001年有名メゾンに良くあるスポンサーの倒産で窮地追い込まれるが、
それは彼の才能をほっとかなかったイタリアのジポ・コー社が資金協力し見事立て直す。
優秀なデザイナーは倒産と発展を繰り返すものだ。
そして、アスプレイ、プーマなどクリエイティブディレクターを努め、
2010年Chalayanと改名する。
ただ、私は特にChalayan全盛期とも言える前半の作品に想いを寄せる。

 

Hussein03

Hussein03

 http://fashionmanisfesto.blogspot.jp

 

エアメールドレス(airmail dress)

折り方と着用法が書かれて受け取った人が着ることができるエアメールドレス。
あとは説明は不要だろう。視覚的の楽しんでもらいたい。

 

Hussein04

Hussein04

 

Hussein05

Hussein05

 

Hussein06

Hussein06

 

Hussein07

Hussein07

 

Hussein08

Hussein08

http://ameblo.jp

 

Hussein09

 

こんな感じで、最後の写真は当時のジョンガリアーノにさえインスピレーションを
与えてしまうエスニック感。ハナモン族とかの影響もあったのだろうか。

 

Chalayan後半のコレクションからデジタル化する印象を覚えるが、決して悪くはない。
ただ、かなり未来的なアプローチに服としての美の追求に服が追いついていない感は否めないが、
それは私のこの幸せな人生のきっかけを与えてくれたHussein Chalayanだから、
多めに見たいと思う。最後も動画で締めくくろう。

 

 

こんな哲学的思想家的アプローチを建築という分野からファッションに切り込みをかけた変態に
敬意を払いつつ、みなさんにとって人生を変えたコレクションがあるかなど聞いてみたいものだ。
人を感動させるのは、出来ないことを他人事として見ても感動は起きない。
自分のことと捉えれた瞬間人は涙するものだと感じる。
当時の私の恐ろしさに身震いさえ覚える。

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。