フットボールカルチャーのすべてを持ち上げるエピック | Epokal

menu

RED 感情

フットボールという
カルチャーがもたらす
情熱の夢と白日

本気にクレイジーなサポーターがどこまでクールなのか!?
どんなにオンボロのシャツにだって思い出のゲームがあって
ゴールがつまっている。

3minutes

フットボールという
カルチャーがもたらす
情熱の夢と白日

本気にクレイジーなサポーターがどこまでクールなのか!?
どんなにオンボロのシャツにだって思い出のゲームがあって
ゴールがつまっている。

3minutes

READ LATER

フットボールというカルチャーが
もたらす情熱の夢と白日

本気にクレイジーなサポーターがどこまでクールなのかはわからないが、
どんなにオンボロのシャツにだって思い出のゲームがあって、ゴールがつまっている。

煙の様な太陽が地平の彼方に落ちてから、いつものカウンターシートに落ち着く。
今日の面子を一通り眺めながら、戦力を探る。
2014年7月14日午前4時、火照った身体が目を醒ます。
同じ時間、地球の裏側から熱狂のホイッスルが聞こえてくる。
情熱と混乱と喧騒と酒  それからサッカー

 

フットボールだ

 

ハッと目を覚ますと、仲間と歓喜に沸いている。呆然としている。
多様な人種の色んな人々。
そこに大人しそうなヤツもいればサラリーマンもフーリガンもいる。
誰もが一喜一憂し、ただ愛しのホームチームのためのエネルギーに満ちている。
ユニフォームシャツに身を包み全身でチャントを歌い上げる。
思い思いのファンタジーに夢を馳せて

 

フットボール中毒

フットボール中毒

 

午前8時、出かける時間。

本物のファンはいつ何時だってチームをサポートするものだ。
フランスやイタリアのスポーツブランドに身を固めて町へ繰り出す。
カジュアルスと呼ぶやつも中にはいるが、自分じゃあただのサッカー中毒者だと思っている。
本気にクレイジーなサポーターがどこまでクールなのかはわからないが。

 

ktfootball-addict001-03

 

フットボール中毒

フットボール中毒

 

どんなにオンボロのシャツにだって思い出のゲームがあって、ゴールがつまっている。
意味ある一着は同じ対戦カードの度に着られるし、チャントは歌いつがれる。
ヴィンテージどころかレジェンドって言ったって良い資格がある。

 

そういう意味ではワールドカップはファンの手の中にさえある

 

 

さあ最高にプレミアなゴールを見せてくれ。

 

フットボール中毒

フットボール中毒

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。