オートクチュール ヴィクター&ロルフ ゴルチェ ラフシモンズ

menu

RED 感情

なぜ今クチュールか?
アトリエが教える21世紀
のファッションの未来

アートというオートクチュールを必要とする時代。
消費の在り方を考えさせるファストファッションは
私達にまたアートのサイクルを与えてくれたのだろう

3minutes

なぜ今クチュールか?
アトリエが教える21世紀
のファッションの未来

アートというオートクチュールを必要とする時代。
消費の在り方を考えさせるファストファッションは
私達にまたアートのサイクルを与えてくれたのだろう

3minutes

READ LATER

クチュールはパリ最大の
シュルレアリスム!?

アートというクチュールが
またアートのサイクルを与えた

ビジネスはアートが必要でアートもまたビジネスを必要としている。
そして、世の中のバランスが崩れ始めると世はアートを求め始める。
逆に、うまくいっているとアートは必要とされず消費の意味を失う生産と行為が覆い尽くす。

 

ファッションもまたアートというオートクチュールを必要としているのかもしれない。
プレタポルテ全盛期の時代に、消費の在り方を考えさせるファストファッションは、
私達にまたアートのサイクルを与えてくれたのだろう。

 

ht-couture1

ht-couture1

pinterest

 

流れを掴むモードは、なぜ今オートクチュールなのか理解している。
ゴルチェやヴィクター&ロルフはプレタポルテを辞めオートクチュールに専念した。
2シーズンで退任したがマルコ・ザニーニもまたスキャパレリをオートクチュール復帰させ、
今シーズンから恋は盲目無償の愛の形であるデザインチームが実力を発揮している。

 

61人の花嫁のゴルチェ
ht-couture2

ht-couture2

pinterest L) R)

 

ロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に3点の展示が決まっているヴィクター&ロルフ
ht-couture3

ht-couture3

pinterest
ht-couture4

ht-couture4

pinterest L) R)

 

デザインチームのスキャパレリ 帽子はスティーブン・ジョーンズ
ht-couture5

ht-couture5

pinterest L) R)

 

面白いことにヴィクター&ロルフもスキャパレリもシュルレアリスムを意識したプリントであり、
それこそ、当時のパリを色付けるかのような表現の回帰が見られた。
もしかすると、オートクチュールの原点はシュルレアリスムなのかもしれない。

 

ht-couture6

ht-couture6

pinterest L) R)

 

映画にもなったラフ・シモンズのディオールのオートクチュールもまた美しい。
プレタポルテしかやったことのないラフは、切って貼ってのプレタポルテと思っている職人たち
とのやり取りと葛藤があったが、見事なまでの完成度を見せた。
そして、それは技術が中心のオートクチュールの殻を破った瞬間でもあり、
日常が隣り合わせのクチュールが目の前に来ていた。
そしてその瞬間に技術はただの技術ではなくなり自然な永遠となる。
今、ファッションとビジネスに足りないものがオートクチュールに存在するかのように。

 

ht-couture7

ht-couture7

pinterest L) R)

 

クチュールメゾンのアトリエが持つ技術が
21世紀のファッションやビジネスの在り方を再度示し、
「芸術を買う」時代は、すぐそこまで来ているかもしれない。

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。