twit btn

ムーブを作る
ストリートフォトグラフィー

写真がストリートを切り取り
見るものインスピレーションを創る

参加型のムーブメントが作るストリートフォトグラフィーの可能性ストリートアップデートへの道

twit btn

ついに公開。

INSPIRATION CULT MAGAZINE

Epokal編集部がSDMの記事紹介でNYインスタグラマー白砂氏と出会ってから始まったプロジェクト。
そこに以前記事で紹介したyuma君も加わり良い流れが出来た。

 

EpokalはWIT PLAATSというプロジェクトをデザインする会社が運営をしており、
10年目のこの会社は仕事に名前も顔も残すことなくプロジェクト遂行する
業界では、姿を見せない殺し屋チームとも呼ばれていることを最近知った。
今回、10年の集大成ということもあり、某大手出版会社(現在まだ公開ができない)に直談判でプレゼンを開始。
ビジュアル作りからブランディングとお金の計算が得意な僕たちのプレゼンは見事3週間で出版にこぎつけた。
出版の詳細はまた後日ご報告することにして、INSPIRATION CULT MAGAZINEについて。

 

ht-icm1

ht-icm1

http://inspirationcultmag.com/

 

NYのSDMが異端で感性のあるストリートフォトグラファーにフォーカスし、
NYに新たなストリートカルチャーを生んだ。日本でも写真は綺麗な風景写真が目立つ中、
SDMの全く異なるムーブメントを起こしていった。
空前のインスタを使ったこの動きは、キュレーションをメインとしお互いのレベルを高め合うような活動に変わり、
#streetdremsmagのハッシュタグやMeetはNYでも独特の世界観を作っていった。

 

ht-icm2

ht-icm2

https://images.bigcartel.com/

 

日本で同様の動きをするのは、カルチャーとライフスタイルの相違があるので難しいと感じたが、
日本人の奥行きのある感性は世界に通用することは間違いないことだけは分かっている。
そして、目を付けたのが90’Sのストリートカルチャーであった。
Epokalでも数々と取り上げてきたアンダーカバーや裏原の数々のブランド。
あのムーブメントに近い感覚をSDMに感じ、あの時のストリートカルチャーが
アップデートされていないことに気づく。

 

ht-icm3

ht-icm3

 

SDMメンバーと強い繋がりのある白砂氏がNYのコネクション引き合わせてくれ僕たちの背中を押した。
yuma君のコネクションは日本の才能あるフォトグラファーのコネクションを広げてくれた。
そして、まずはINSPIRATION CULT MAGAZINEのインスタのアカウント運用を始める運びになった。
これから#inspirationcultmagのハッシュタグは、
日本とNYのストリートフォトグラファーと僕たちを繋いでくれるだろう。
そして、ストリートフォトグラファーとブランドが交わり新たなクリエイティブが生まれる雑誌になる。
僕たちEpokalもキュレーターとして参加し、雑誌に寄稿することも決まった。
Epokal編集部も#epokalmagでのキュレーションページも用意している。
Epokalのようなwebマガジンが実際の別の雑誌に協力し、
ネットの世界のインスタが世の中に顕在化を叫ぶ。素晴らしいOtoOの仕組みは整った。
ストリートがファッション業界に起こすインパクトとムーブメントを楽しみにしてもらいたい。

詳細はもう少し後になるが、
まずは、インスタで#inspirationcultmagを使ってもらって、これから起こるムーブメントの参加者になってもらいたい。

 

Join our movement

please tag & follow

@inspirationcultmag & @epokalmag  

#inspirationcultmag  & #epokalmag

for a  feature