記憶喪失 全力の無邪気さ 未来人 UFO | Epokal

menu

YELLOW 快楽

全力の無邪気さへ
僕たちの長い
記憶喪失

何も考えずに、ただひたすら走り続ける。
体力も疲れも場所さえも関係ない世界。
1度は経験した僕たちの記憶 は何処へ。

3minutes

photo by Mayuko Ukawa

全力の無邪気さへ
僕たちの長い
記憶喪失

何も考えずに、ただひたすら走り続ける。
体力も疲れも場所さえも関係ない世界。
1度は経験した僕たちの記憶 は何処へ。

3minutes

photo by Mayuko Ukawa

READ LATER

記憶喪失という過去は未来
人間の能力を取り戻す旅へ

何も考えずに、ただひたすら走り続ける。体力も疲れも場所さえも関係ない世界。
1度は経験した僕たちの記憶 は何処へ。

記憶喪失01

記憶喪失01

 

我が子の庭を走る姿を見ていつも思う。
全力の無邪気さ。全力の遊び。
重力もしがらみも存在しない一点集中な世界。移り変わる風景を横目に
ただ笑 顔で全力で走り続ける。

 

記憶喪失02

記憶喪失02

http://www.pinterest.com

 

子供という怪物は宇宙の母。
僕たちは、間違いなく通った記憶を置き去りに、今という記憶のゴミに姿を隠し見失う。
気付いた時は掃除を諦める量となり、それを辞める。
そして、聖域はうまれ2度と踏み入れない記憶(場所)へと変わる。
帰り道が分 からなくなった大人のように。
当たり前の怪物は、羨ましがられ、世界のラインをそこで作るダサい安堵感を覚える。
元々自分の物だったことを忘れて。

 

記憶喪失03

記憶喪失03

http://www.pinterest.com

 

ビックバンが起きて、人類が存在し短い歴史が始まった。
そもそも僕たちの能力は当たり前に全力であったに違いない。
時にテレパシーを使いコネクタブルな交流の自由化が存在し、携帯は必要なかった。
時に瞬間移動をし、飛行機や自動車は必要なかった。
そして、僕たちが生まれた理由が分からないのと同様 に病気が発症し、
それを手を当て消し去った。対処療法の病院や薬は必要なか った。
事実、ロシアにはヤーナという遠隔治療や透視治療ができる少女がいる。
そうやって、脳の能力は低下し元々のスペックは喪われ
科学や機械主義が支配 をするロールプレイングに姿を変えた。

 

記憶喪失04

記憶喪失04

http://www.pinterest.com

 

それを見守る未確認飛行物体は、未知の生物として僕たちを見守り、
僕たちは 未来の存在だと信じている。
だが実は、我々の本来の姿と能力を身に付けた、遠い過去の僕たちなのかもしれない。
そうやって、今日も記憶を忘れた僕たちが、
少しの記憶を持った子供達の全力の無邪気の走りに変わり、
今日も存在しない今をクラウド化しまた一つ記憶を 長い時間かけて、
少しづつ喪っていく悲しくも哀れな未来人(現代人)なのかもしれない。

 

記憶喪失05

記憶喪失05

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。