ストリートマインドの最終地点 | Epokal

menu

YELLOW 快楽

大人になり過ぎた子供
何もしなくなった僕が
辿り着く最終地点は

本気で遊ぶソーシャルへ。
社会生活者となった臆病者たちも実をともなったスタイルに
あのストリートの向こう側を伺う。終着のない目的地へ向かう。

3minutes

大人になり過ぎた子供
何もしなくなった僕が
辿り着く最終地点は

本気で遊ぶソーシャルへ。
社会生活者となった臆病者たちも実をともなったスタイルに
あのストリートの向こう側を伺う。終着のない目的地へ向かう。

3minutes

READ LATER

大人になり過ぎた子供 何もしなくなった
僕が辿り着く最終地点は

本気で遊ぶソーシャルへ。社会生活者となった臆病者たちも実をともなった
スタイルにあのストリートの向こう側を伺う。終着のない目的地へ向かう。

たったいくつかのクエスチョンをくぐり抜けたきただけで、シラのきれた大人の顔をしてしまう。
どの顔に面をつけて歩いているのだろうか?
そう気がついた時にこれまで学んだことのどれほどに沈んでいたのだろうと感じます。
本を読んだだけで、映画を見ただけで、話しを想像するだけで、
そう簡単に揺れる感情ではないと、そう価値観がいうのです。
ただ、私の価値観を支えるに十分な恣意があるのです。

 

ktdestination008-02

http://instagram.com

 

社会的な生活を送るのに必要なものは社会にあり得ます。
ここに並べきれるだけの容量ではまかなえない程の社会のシーンがあるはずです。
この一部分である私のどこに終端が見えるはずもありません。
そして、こうしたソーシャルとしての自分に炸裂する微熱がこもりはじめる人がいるのです。

 

ストリートマインドの最終地点

ストリートマインドの最終地点

https://www.facebook.com

 

発熱するエナジーは、与えられたものから獲得する対象へと向かいはじめます。
走って走って踏んで踏んでプッシュするのです。
MTBとは人のいない方へ呼吸の音だけの方へわたしがトレイルを追うのです。
BMXと一心のわたしは都市の隔壁で宇宙を表現します。
Roadの風にわたしは限界の際を焼き付けます。

 

はじめてモトクロスを買い与えられた時の鼓動をわすれていた私が震えるのです。
直接の体験のストーリーは語られることはなかなか出来ません。
頬を打つ風と泥がただ夢中の上の蒸留物となるのです。

 

ストリートマインドの最終地点

ストリートマインドの最終地点

http://www.tumblr.com

 

ファッションスタイルとの関係はここに行為として現れます。
何より強烈な概念は、ここに存在しているということ。この体験を保有していることです。
行為が意味のあるファッションに直接結びついてスタイルとなります。
それから、お互いに共有するサイクルが生まれた時、意思のあるファッションとして昇華されるのです。
ただのファッショニスタが着られるロールプレイに対して、とても強いメッセージともいえるでしょう。

 

ストリートマインドの最終地点

ストリートマインドの最終地点

https://www.facebook.com

 

つまり、社会生活者となった臆病者たちも実をともなったスタイルにあのストリートの向こう側を伺うのです。
終着のない目的地へ向かう。
穏やかな海に飽きたら荒荒しい刺激を求め、息をのんで時間を止めること、本気で遊ぶソーシャルへ。
恣意的な錯綜から現実のマインドへ。
エポカルの最終目的地は接続可能であるはずです。

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。