GREENROOM Festival 海 バド・ブラウン サーフィン | Epokal

menu

YELLOW 快楽

「好き」を叫んで
「愛」を仕事にする
GREENROOM

心地よく空気を生む先に愛のメッセージがなければ
好きだという資格はない。人生の向こう側にある
第2のメッセージをGREENROOM Fesで感じる

3minutes

http://greenroom.jp/

「好き」を叫んで
「愛」を仕事にする
GREENROOM

心地よく空気を生む先に愛のメッセージがなければ
好きだという資格はない。人生の向こう側にある
第2のメッセージをGREENROOM Fesで感じる

3minutes

http://greenroom.jp/

READ LATER

「好き」とは?
「愛」とは?
仕事とは?

心地よく空気を生む先に
愛のメッセージがなければ
好きだという資格はない

意識して見るアートよりは、気づいたら美術館にいて自然に見れるアートがどうしても良い。
自然の流れに逆らうことなく、あくまで自然で!と願うのは、年を取るにつれて強くなっているかもしれない。

 

そんな感情が強まる30代で、去年気持ち良く参加できたフェスが、
先日公開されたGREENROOM Festivalだ。力が入りすぎないアートと音楽と自然が共存している。

 

ht_greenroom2-2

ht_greenroom0

ht_greenroom2

ht_greenroom2-3

http://greenroom.jp/

 

どこかピースフルな空気が漂うこのフェスは、音楽好きだけでない生活に密着した誰もが参加できる
特別な空間を作り出す。ギスギスした世の中に「愛こそ全てだ」と叫んでいるようなフェスだ。
そして、それを運営するGREENROOMという会社が妙に気になる。

 

 

今年で12周年を迎えるGREENROOM Festivalを運営するGREENROOMには、
海を愛する「意思」を感じる。名前からも感じとれる会社名で注目したのは10年前の最初のフェスのポスターだ。

*「GREENROOM」サーフィン用語で波がブレイクする瞬間に
太陽からの光でグリーンに輝いたチューブの中の空洞スペースの意味。

 

ht_greenroom3

http://greenroom.jp/

 

サーフフィルムの父と呼ばれるバド・ブラウンの写真を使ったということ。
解像度なんかより、構図なんかより、一番心に刺さるビジュアルを用意していたことである。
Epokalでも海とファッションビーチサンダルについては語ってきた。
全国で急速に減少しているビーチと海の環境を守ると謳い、
それらを音楽とアートとフィルムを通して、海やビーチのライフスタイルやカルチャーを伝える。
海をこよなく愛するGREENROOMをEpokalとしては、今後応援したいと思う。

 

 

「好き」を思いっきり叫んで「愛」を仕事にする。
今の僕たちが生きる社会に足りない何かが見つかるかもしれない。

 

ht_greenroom4

ht_greenroom5

http://greenroom.jp/

 

開催概要
名称:GREENROOM FESTIVAL’16
場所:横浜・赤レンガ地区野外特設会場
日時:2016年5月21日(土)、22日(日)

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。