WOLFGANG MAN & BEAST 犬のいるライフスタイル

menu

YELLOW 快楽

日々を抗う
日常を愛す
犬と暮すライフ

極限でタイヤを磨り減らすKEN BLOCK。
日々、研ぎ澄ませた感覚を潤すライフスタイル
『WOLFGANG MAN & BEAST』

3minutes

日々を抗う
日常を愛す
犬と暮すライフ

極限でタイヤを磨り減らすKEN BLOCK。
日々、研ぎ澄ませた感覚を潤すライフスタイル
『WOLFGANG MAN & BEAST』

3minutes

READ LATER

弛緩して暮す日々が終り
やがて喜びが訪れる
MAN & BEAST LIFE

都市生活をドリフト(漂流)する人々
擦り切れた精神を取り返す
犬と暮すというライフスタイル

働いて働いて頑張って頑張って勝取る何か。
一年に何度かの旅行に、ショッピングモール徘徊。
特に悪いことはないが、何ということもない。
誰もが持っている休日を‘上手に’過ごす方法は
頭のどこかで無意識的に馴らされた枠の中にあるのではないか。

ただウィークデイに磨り減らした何かを埋め合わせるための休日といった具合に
人質をとられたような暮し方、当たり前に弛緩して暮す日々に大きな影響を与えるのは、
つまりインスピレーションの源は日常の中にこそ必要なのだろう。

『WOLFGANG MAN & BEAST』

愛犬と暮す生活というライフスタイルは僕たちにとって重要なファクターを握っている。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/

 

仕事に打ち込む姿の中にも、休日に過ごす時間の中にも、
自分のスタンスがある人々とそうでない人との差は
人々がこっそりカウントして考えているよりも大きいものである。
そしてその‘差’そのものが何であるのかを知ること自体とてつもなく大切なことでもある。

頭ではなくマインドで世界を見、考えていた時には‘差異’が何なのかをはっきりと見ていた。
今はもう、忙しい日常の中で大人になると誤魔化されたくだらない言い訳のために
視界が霞んでしまっている時間が少なくはない。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
 

今日、最高の日々を持っている人には、スタンスを正視してマインドを自覚した行為がある。
そこから活かされることは自分のバックボーンから生まれる姿と直結するはずだ。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
 

少しずつ磨り減らされた日々のなかでマインドの空洞を埋めるものは、
自然体に浮かび上がってくる自分自身のエモーションという、
普通の生活にこそある重要な‘差異’であって、それを埋めるものとして
‘犬と暮す’というライフスタイルをとることは最良のプロセスのひとつである。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
 

ドライバーとしてラリー・アメリカやWRC、X GAMESで活動する『KEN BLOCK』は、
2頭のシベリアンハスキーをパートナーに刹那的で多忙なライフを暮している。
コリン・マッケイらと共同設立した『DC SHOES』から『GYMKHANA』シリーズをリリースし、
ビジネス面でも大きな成功を得た『KEN BLOCK』を支えるのは
エクストリームスポーツから立身した彼の120パーセント投身するライフと、
2頭のシベリアンハスキーがもたらすスタイルのハーベストにあるのではないか。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
 

退廃した工場施設跡や世界中の街々でタイヤを磨り減らして走る『KEN BLOCK』の走行には、
都会的一般の馴れ合いと、日々社会生活のなかで我慢する上に積もる美化された自尊心、
あるいは灰色の共存意識が脆くも崩れ去っていくシニカルな現代病がよく映る。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
 

緻密なテクニックに裏付けられた派手なプロデュースやコースレイアウトに棲む塵くずが
壮快なドリフトで蹴散らされる一瞬間に日々が重なる。
だが僕たちの場合、毟り取られるのはタイヤのゴム片ではなく僕たち自身の精神である。

 

man and beast

man and beast

http://www.hooniganracing.com/
 

仲間とランプを建ててトリックに磨きをかけることも、
街中をクルージングしたり、スピードバイクレースで競ったり、
ただ街の片隅に居場所を探したりすることも、
ストリートマインドの中で育った冒険心のすべてが
『WOLFGANG MAN & BEAST』の提案するアメリカンメイドに反映されるのかもしれない。
彼らは、いつでも近くにいる人と愛犬お互いのつながりにとって、
大切で好きだと思っているものを組み合わせることで、
パートナーとしてのライフを祝うために模索してきたのだから、
それを見ていながら僕たちが感じないでいられる理由はどこにもない。

 

戦う日々も、特別化された休日もいいけれど、
何でもない毎日を犬と暮すという潤いが僕たち自身を取り戻すことが
次なる新たな冒険のための精神につながるのではないだろうか。

 

man and beast

man and beast

http://wolfgangusa.com/
READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。