twit btn

仕事の中のファッション
遊びの中のファッション
どこへでも行ける機能力

高機能でユーティリティーがあり、
背伸びをしない位のグッドデザイン。
無難社会に本気のファッションを着る

ワークテイスト、ミリタリーテイスト、ヴィンテージ…テイスト・テイスト・テイスト…テイスト!ありきたりな既出模範より、『OUTLIER』の意味を着る。

twit btn

ノースショアやポートランド、サンフランシスコの様に街中に暮しながら、
すぐそばの自然の営みに触れることが出来るライフスタイルに焦がれる‐

それは都会での生活が窮屈に感じはじめた誰もが欲しがるものである。
それに、ちょっとした意識のかけかたで誰でも手に入れることが出来ることでもある。

 

世界は今、満足をフィーリングで食べること、暮し方が満たされた住居に、
そうして着ることをはじめようとしている。

 

力いっぱい幸せにはたらく人々を眺めていると、
人生そのものがそれぞれのあるべき場所で生きていることがよくわかる。
それは固定された俗っぽさに押し遣られながら消耗する人よりも、
生きる‘生’の意味をよく知っているということなのかもしれない。
当たり前だけれど、僕たちはみんな、僕たちのLIFEを求めたいと思っている。

 

でも、そんな方向で疲弊した社会にブツブツ言うよりも先ず、
僕たちが自分でやって楽しいことを識るべきではないだろうか。
見ていておもしろいと感じることよりも、
見たことがないをやってみること、少しの前衛で日々が美しくなる。
暮し方は‘生’を消耗するものではないはずなのだから。

 

outlier

outlier

https://outlier.cc
 

アウトドアやエクストリームスポーツを前景に掲げながら、
都市生活を快適にスタイルと暮すためのクリエイティブラインを提案するブランドが少しずつ動いている。

ファッションにとっていつも頭をもたげさせる、
幹に至った『やりすぎ』と『やらなすぎ』という一種の過剰性は、
アウトドアエクストリームのパフォーマンスを取り入れたときに最も大きくなり、
ストリートが呑み込んだときに最も小さくなる。

みんなにとって『ちょうどいい』ファッションになる直前から、或るモチベーションは失くなりはじめる。
ちょうど今のストリートにカルトが見えなくなってきているように。
けれど、ここに選ぶ『OUTLIER』はこれまでの何にも属さないために、
ほとんど新しいレベルにあると思わされてしまう。

 

outlier

outlier

https://outlier.cc
outlier

outlier

https://outlier.cc

 

例えば仕事に行く前か、仕事から帰る時間に、i phoneを見つめるか、
本を読む時間に、クタクタの精神にうんざりする。

あるいは、その真最中の身体に澱を見つける。

仕事しかない人、遊ぶだけの人、惰性的な怠け者に見られないように働き遊ぶ。
特に日本社会では先人によって出る杭は叩き折られ潰される。
仕事の前に遊んで登る人が白い目で見られる。
14時に海に入る人が嗤われ、仕事の後に出歩く人が詰られる。
要の明日の仕事のためにしっかりと休めと密かに諭される。

こうなったら今生きているのかどうかも怪しくはないか。
ただただ仕事は死後の事に直結する予感を与えるだけのものに成り果てている。

 

だから、120パーセントの力で仕事をして、120パーセントで力で遊ぶ。
余計な惰性を勘繰って精神を削り取るよりも、世界はもっと楽しく生きて善い。
もはや仕事と遊びを区切る性善徳では誤魔化せない日々が続くことが耐え難い。
仕事を遊んで、遊ぶ仕事の何が特別なのだろうか。すべてはエモーションの成り様である。
月月火火水木金の精神で日々を生きたい。

 

outlier

outlier

outlier

outlier

outlier

outlier

https://outlier.cc

 

一生懸命に仕事したあとの食事はおいしい。

自分で育てた野菜もおいしい。

i phoneで世界の入り口に立つのはわくわくする。

自分からかける言葉がレスポンスされるのもわるくない。

ブラウザ越しに世界を旅することはいちいちクリエイティブに触れる。

本当に見知らぬ隣町をさまようことも。

仕事をしたあとにそのまま遊びにいける服ももっと善い。

ということで、人々はもっと自分の時間を楽しむべきだ。

 

outlier

outlier

https://outlier.cc
 

ストリートにはマインドといっても括りはない。
スニーカーを履いて出かけられる領域が拡がってきたように、
フォーマルもカジュアルもどんどん境目がなくなってきている。
それは悲しい一億総平均化の一端なのかもしれないが-

 

outlier

outlier

https://outlier.cc
 

NIKEは好きだし、VANSはいつでもクローゼットの中に揃ってある。

けれど、ちょいワル親父やチャイニーズアイドルが身にしているのを見ると辟易する。

今日、SupremeやUNDER COVERを愛してやまないが、
郊外に広がるショッピングセンターで陵辱されるのを目撃している。

ひとつひとつのシーンはその時々に得なければ決して意味をなさなかった。それはこれからも同じだ。
ファッションを行為と呼ぶからにはそんな本音もある。

 

今、着なければ何にもならないし、今やらなければいつも出来ない。
この真実に見る‘新しさ’は人によって、
あるいは年代によっては眉をひそめるべき対象なのかもしれない。
そして、だからこそ良かったし、善い。

そこら辺の爺々婆々に受け入れてもらえるようになった時、僕たちは死ぬのだ。

 

outlier

outlier

https://outlier.cc