マノロ・ブラニク manolo blahnik | Epokal

menu

BLUE 冷静

マノロ・ブラニクが描く
スケッチと写真の
世界観というサイン

スケッチからはみ出る楽しさ
写真から感じるエモーション
見えるのは世界観というサイン

3minutes

マノロ・ブラニクが描く
スケッチと写真の
世界観というサイン

スケッチからはみ出る楽しさ
写真から感じるエモーション
見えるのは世界観というサイン

3minutes

READ LATER

指を鳴らせば
踊り出す発信の原点

スケッチからはみ出る楽しさ
写真から感じるエモーション

シューズデザイナーのマノロ・ブラニク。
ダイアナ妃やマドンナなど著名人が履いたことで有名な女性的でセクシーなラインを持つ。
デザインもカラフルなデザインが多くスペイン人ということが納得できる。
知らない人は、セックス・アンド・ザ・シティのキャリーが彼の靴の大ファンで名前は聞いたことがあると思う。

 

ht-manolo1

ht-manolo1

ht-manolo2

ht-manolo2

 

私が興味を持つのは、彼の経歴から生み出せれる「デザイン」と「写真」。
スイスで建築と文学を学び、ロンドンでファション写真家として活動しファッションの世界に入る。
ある意味では、ファッションというものを蚊帳の外から見れる立場にあり、ある意味理想を外から構築できる
環境にあったというのも、彼の独特な世界観を生んでいる。特に初期のころの世界観は大好きである。

 

ht-manolo3

ht-manolo3

ht-manolo4

ht-manolo4

ht-manolo5

ht-manolo5

 

70年代に入りコレクションデビューして靴を作り始める。
その後、靴の深さを知り職人に学びながら、靴一本の人生が始まる。
経歴から靴デザイナーになるとは自身でも考えていなかったであろう表現がブランドカラーを作ったのは間違いない。

 

ht-manolo7

ht-manolo7

ht-manolo8

ht-manolo8

 

最近では、雑誌を見たり昔のコレクションを見て服が作れる時代になった。
その中でチームとしてイメージを共有できたデザインというスケッチは
それこそが武器でありデザイナーの象徴でもあった。
生産体制が変わってしまった昨今では、デザインはパターンや布のことを知らなくても
服ができてしまう時代に、「世界観というサイン」を売ることが大切な要素になってきたのかもしれない。
もちろん、スケッチができてパターンができて最高の1枚を作ることは至上。
そこに、写真やデザインという表現をサインに変え、指を鳴らせば踊り出す発信を今は求めたい。

海外のSPAが日本を撤退し始め、異業種大手にアパレルが買収される時代だからこそ、
僕たちのファッションというサインのあり方を見直したい。

 

ht-manolo6

ht-manolo6

 

 

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。