マインドフルネスを生み出すニューリアル

menu

YELLOW 快楽

混迷を極める現代社会
を生き抜くために必要
なニューリアルとは?

ストレスからの解放に効果的とヨガや
瞑想に注目が集まる中でファッション
に出来ることがあるとすれば…。

3minutes

混迷を極める現代社会
を生き抜くために必要
なニューリアルとは?

ストレスからの解放に効果的とヨガや
瞑想に注目が集まる中でファッション
に出来ることがあるとすれば…。

3minutes

READ LATER

混迷を極める現代社会
を生き抜くために必要
なニューリアルとは?

ストレスからの解放に効果的とヨガや
瞑想に注目が集まる中でファッション
に出来ることがあるとすれば…。

ファッションのどこに魅力を感じるかは人それぞれ千差万別だ。
そこに哲学を求めるのも、服そのものが好きな者。
理由はなんであれ、ファッションは自由であるから魅力的に映る。
背景にあるカルチャーを理解していようといまいと、見る側は無意識的にそこから
パーソナリティーを感じ取るだろう。

モード・カジュアル・ストリート・ミリタリーなど様々なカテゴリーが存在し、
その型にはめることでその人をわかったつもりになる。裏を返せば、如何様にでも
「装う」ことができるわけだ。その意味では、ファッションは非常に表面的で
軽薄だと言うことも出来る。

 

yt-newreal-002

 

しかし、Epokalならずともファッションはそれだけではないと考えている人も
少なからずいることだろう。ファッションは、それだけで存在しているものではなく、
ライフスタイルの一部として相対化され、そのことによって、よりその人のパーソナリティーを
反映するものになった。

そもそも衣服にはオンとオフの切り替えのためのツールとしての機能があったように思う。
学校では制服を、仕事をするためにスーツを、休日にはドレスアップ、部屋でリラックスするために
スウェット、寝るためのパジャマなどがそれに当たる。
そして、ストレスフルな現代社会を生き抜くために、オンとオフの切り替えは非常に重要な要素に
なっているのではないだろうか。

 

yt-newreal-001

 

昨今、シリコンバレーを中心にビジネスパーソン達が瞑想が積極的に取り入れていることなどが、
注目を集めている。それもヨガの延長線として宗教色が薄れたことが大きな理由とは言われているが、
ヨガや瞑想によって得られる効果が大きいからだろう。ファッションにはそれと同様の効果があるかもしれない。

以前、Epokalでも取り上げたマインドフルネスは、上記のヨガや瞑想によって得られる効果として
市民権を得ているが、お気に入りの服を来て、好きな場所へ行くことによっても同じ効果は得られる
のではないだろうか。
サプールほどではないにせよ、オンとオフの切り替えを「装う」ことで、新しい現実を得ることが
出来るかもしれない。

 

yt-newreal-005

 

そして、オンとオフの切り替えの極致としてたどり着くのは、マインドフルネスなのだろう。

そう、日常はそんなにはっきりとは区切ることは出来ない。それ故に、オンとオフの溶け合った
新しいリアルを纏って街へ出よう。あなたの心を解放してくれる場所は、どこかにある。

 

yt-newreal-003

 

4 SENSE’S for TOMMY HILFIGERでは、そんな、様々な要素が溶け合ったニューリアルなスタイルを
提案している。ハワイの空気を纏ったアクセサリーデザイナーのEMILYがセレクトしたTOMMY HILFIGERを
@chiaokingが撮り下ろしたビジュアルは、マインドフルネスな雰囲気に満ちている。

READ LATER

EDITORS UTOPIAの「WANT」ボタンを
押したプロジェクトが表示されます。

EDITORS UTOPIAへ

※この情報はCookieで保存されています。
※SNS連携・記事のシェア等はされません。

    「READ LATER」ボタンを
    押した記事が表示されます。

    ※この情報はCookieで保存されています。
    ※SNS連携・記事のシェア等はされません。